干物にて候
歴史が造る伝承の味

成せる技。伝承の味。灰干干物にて候。

魚の開干は昔、天日干しで加工しておりましたので、
雨の日は加工が出来す休まなければなりませんでした。
大阪で「乾燥灰」が開発され、
今日の灰干乾燥が出来たものです。
当社は灰干乾燥一途に取り組んでまいりましたおかげで、
今では【灰干の丸新】と言われるまでに成長してまいりました。
本物の灰干し干物を是非ともご賞味ください。

丸新

お知らせ

2019/02/28 NEWS サイトをリニューアルいたしました
このたび、株式会社丸新のサイトをリニューアルいたしました。
これからもお客様の変わらぬご愛顧を賜れますようよろしくお願いいたします。

成せる技。伝承の味。灰干干物にて候。

灰干し製法とは
新鮮な魚を開き加工後
特殊フィルムで包んだ魚を
火山灰の中でおよそ一昼夜
魚本来の旨みを最大限に
引き出しながら干しあげます
丸新こだわりの製法を
ご紹介しています

詳しくみる